トップ メニューへ ミャンマーの風景 ミャンマーの観光 東南アジアの雑貨 アンティーク 伝統工芸品 ミャンマーの宝石 ミャンマーのルビー ミャンマーのサファイア ミャンマーの翡翠輝石 翡翠輝石と手作りアクセサリー
トップメニュー ギャラリー ミャンマー ツァー 伝統工芸品
雑貨 アンティーク
ミャンマーの宝石 ルビー サファイア 翡翠輝石 翡翠輝石
手創りアクセサリー


title


ruby ルビー[Ruby]
石言葉 : 自由 情熱 勇気 威厳
月星座 : 7月  牡牛座 獅子座 蟹座
鉱物名 : コランダム(corundum:鋼玉)
日本名 : 紅 玉
主成分 : 酸化アルミニウム 酸化クロム(Al2O3+Cr2O3
酸化クロムが1〜2%含まれることにより 真っ赤なルビーとなる

ルビー 裸石ルビー 裸石   ルビー ピアスルビー ピアス   ルビー リングルビー リング
line


真の天然のルビーは、赤いダイヤと言われるほど とても高価なものです。ミャンマー・モゴック(モゴク)産のピジョン・ブラッド(鳩の血)色の天然ルビーは、とても鮮やかな赤色で ダイヤを凌ぐ高価格です。産出量の少なさ、希少価値と言う意味では ダイヤモンドよりもはるかに価値の高いものです。
   世界の年間産出量
     ルビー 50万カラット ダイヤモンド 1500万カラット サファイア2000万カラット

また ルビーのモース硬度はダイヤに次ぐ硬さで 9 です(ダイヤモンドは10) 熱や薬品に強く 退色しないので、とても扱いやすく 指輪などのアクセサリーにも適しています。


モゴック産 低温処理ルビー

聖書では ルビーは最高位の石にランク付けされています。ノアの箱船の灯りはルビーだったと伝えられています。その真紅さゆえ、中に不死鳥がいるとか 星が燃えていると言い伝えられてきました。「ルビーは妖精の贈り物」と書いたのはシェイクスピアです。成人の日には 石言葉の自由(独立)、勇気のメッセージと共に贈られる習慣があります。

ルビーは 古代より、財産や名誉 身体を守ってくれる御守りとして、大切にされてきました。血液を浄化すると言われ、解毒剤として使われていた事もあります。癒しの効果で気持を安定させ、勇気とパワーをあたえ、自己実現を助けてくれます。
女性は ルビーを身につけていると、幸せになれるそうです。健康で仕事は順調。そして ルビーのように真っ赤に燃える情熱的な恋と巡り会うのです o(^O^)o おまけに!?出産についても流産を防ぎ 安産へ導くと言われています。妊婦さんのお守りに最適!?


マインシュー産 低温処理 ルビー ミャンマーでは、ルビーは長寿を与えてくれるもの。ドラゴンが産んだ3つの卵のうちの一つから、ルビーが生まれた と云われています。最高級品の産地であるモゴック(原石のままで真っ赤な石が採れるのはモゴックぐらい)の谷では、鷲がルビーの塊の岩を 肉と間違え、何度も掴もうとしたという伝説もあります。
その昔 ルビーはすべて国王のもので、隠し持っていることが発覚すれば 両目をえぐり、かわりに石を詰められたと云います。。。(((>.<)))

日本人には馴染みが薄いのですが、現在 ミャンマーは(ビルマ) 世界一の高級ルビーの産出国なのです。

そして 国境を越えて高い価値があるもの 国際的なオークションで高値がつくのは、人工的な処理を施していない 原石を研磨しただけの、純天然の非加熱ルビーなのです。原石の段階から赤く、カットだけで美しい輝きを放ち、天然のままでも宝石として価値のある原石は、ミャンマーのモゴック地方でしか 産出されないのです。残念ながら、日本での流通は少量です。鮮やかな赤色で ピジョンブラッド(鳩の血=pigeon's blood)と呼ばれる 最高峰の天然ルビーは、このモゴック地区でしか採れません。
現在 モゴック地区に外国人が入ることは許されておらず、また簡単に輸出することもできません。そのためミャンマーの首都ヤンゴンには 天然ルビーを買い求めるために、大勢の欧米のバイヤーやコレクター達が集まって来ています が そこには、華僑ネットワークの壁が、厚く立ちはだかっているのです。。。


モゴック産 非加熱ルビー カボション

マインシュー産 低温処理ルビー 殆どのルビーは人工的なエンハンスメント(enhancement)と呼ばれる処理を施されます。日本で販売されている真っ赤なルビーの大半は、どす黒い紫がかった石や 無色 灰色の石などを、1800℃から2000℃の高温で熱し 赤く変色させたものです。これをヒート(熱処理)と言います。内包物が消え、金太郎飴のように 皆 同じ濃い赤色のルビーに変身します。それはそれで赤く染まり、好みの問題ですから悪いとは申しません。。。。
天然ルビーと表示されていても、その殆どは 熱処理をした天然ルビー という意味です。ルビーの自然石を研磨しただけのもの と言う意味ではありません (T.T)


純天然の石には、地球の歴史とも言うべき年輪が刻まれています。モゴック産のルビーの中を覗いてみると、気泡や液体の詰まった洞、シルクと呼ばれる 霧や雲 流れ星のような内包物など、様々な成分を見ることができます。生成されていく過程で 自然に堆積してできたもので、ちっちゃな宇宙のようにも見えます。 大地に起きた天変地異 まさに地球の歴史がルビーの中に凝縮されています。幻想的です。

それをエクボと見るかアバタと見るかは、個人の好み 感性の問題ですね。
当然の事ながら ヒート(加熱)すれば、内包物は全て吹き飛んでしまいます。

ルビーぴあす 22金ダイヤ 私感としては「きれいな赤だな」で終わる日本で一般的なヒート(熱処理)されたルビーよりも、純天然の原石をカットしただけの モゴック産非加熱ルビーのほうが好きです。個性的で魅力があり見ていて厭きません。
ヒートした加工ルビーは太陽光のもとではくすんで黒っぽくなってしまいます。ショーウィンドーに飾られているとき、店内照明の下で見たときは キラキラととてもきれいだったのに、いざ身に着けてみるとなんだかくすんでいる。。よくあることです。あなたのせいではありませんょ d(^-^)o

研磨をしただけの ナチュラルカラー(nathural color)の自然石は、どのような場所・光源のもとでも 様々な表情、輝きを見せてくれます。蛍光灯の下では青っぽく、太陽光の下では鮮やかな赤に。わずかな灯りでも輝きを失いません。内包される酸化チタンなど様々な成分のおかげで、どんな光源のもとでも どのような角度からでも、表面のカットに頼らず内面から輝いてくれます。
いくら見ていても厭きません。
好みの問題なので押し付ける気はありませんが。。。整形美人と気立てのよい内面美人との違いのようなものですかね。。。o(^-^)o



ルビー 裸石ルビー 裸石       ルビー ピアスルビー ピアス       ルビー リングルビー リング

このページ ルビー トップへ     サファイア サファイア     翡翠 翡 翠


ミャンマーミャンマーの宝石宝 石   to menu メニューへ




【ホームページ作成講座】 | 本・漫画・DVD・アニメ・家電・ゲーム | Webコンサルティングサービス
業界NO1のライブチャット | 自宅でで学べる!CAD資格合格講座 | 20GB 無料のオンラインストレージ
★薬草の資格が取れる! ⇒ 【薬草ガーデン講座】 | 最新ニュース | Web検索 | ドメイン | 無料HPスペース