トップ メニューへ ミャンマーの風景 ミャンマーの観光 東南アジアの雑貨 アンティーク 伝統工芸品 ミャンマーの宝石 ミャンマーのルビー ミャンマーのサファイア ミャンマーの翡翠輝石 翡翠輝石と手作りアクセサリー
トップメニュー ギャラリー ミャンマー ツァー アジア伝統工芸品
アンティーク 雑 貨
ミャンマーの宝石 ルビー サファイア 翡翠輝石 翡翠輝石と
手創りアクセサリー


ミャンマー(ビルマ)とのビジネス 〔貿易 投資〕


line


日本では ミャンマー(ビルマ)は “怖いところ” というイメージが強く 軍政になってからは交流も企業の進出も殆どありません。

しかし 現地に行ってみると、軍事政権ながら 経済は資本主義経済の形を取っており、他の東南アジアの国々とかわらぬ雰囲気です。むしろ 敬虔な仏教国であるため、昔の日本のような良さが残っており 治安もよく、他のアジア諸国よりもずっと安全です。
多くの人々が信心深い仏教徒であるため、命は勿論のこと、親兄弟 年配者を大切にし、素朴で嘘はつきません。(勿論 どこにでも必ず悪い奴は居ますが) 当たり前の事なのですが、日本人が失ってしまったものばかりです。
ミャンマーの独立には 日本軍の影の貢献もあったため、年配の方を中心に親日家も多く、とても親切です。

治安と言う点で見れば、現在の日本の方が はるかに残忍な凶悪犯罪が多く 危険です。教育や しつけができていないと、短期間にこれほど乱れるものかと 驚くばかりです。

ミャンマーの政治については 一切 私的なコメントをする気はありません。ただ 柔軟な政策によって 市場経済が活気づいてきているのは事実です。
実際 ミャンマーには欧米からの進出企業が多く、観光客もたくさん訪れています。ミャンマーの軍政を敵視する報道は、日本の進出を阻止する為 投資を遅らせる為の、欧米列強の方便ではないかとさえ感じます(市場経済の観点からだけの話で、現政権を肯定も否定もするものではありません)
私達は、軍政下?民主化? 情勢がどう変わろうとも、政権の動向に左右されない投資方法を ご提案しています。

政府にとって 政権の安定のためにも、国民の生活レベルの向上は重要課題です。現状のままでは、タイなど近隣諸国との比較により 国民が不満を持ってしまうのは仕方の無いことです。
産業の勃興による雇用の創出。その為の技術輸入 外国資本の誘致は、経済の活性化をはかり 国民の生活レベルを向上させる為に、必須の要件となっているのです。

しかし ミャンマーは、タイをはじめ近隣諸国が高度成長にはしるあまり、資源や文化を失ってしまった経緯を見てきています。ミャンマー政府は 同じ轍を踏まぬように、規制を設け 乱開発に歯止めをかけています。決して無法図な高度成長を望んではいません。均衡を保ちながら経済を発展させていけるように、規制と緩和を打ち出し 柔軟な政策を取り続けています。

このような状況の現在は 大きなチャンスなのかもしれません。
ミャンマーとの貿易。深刻な貿易赤字に苦しんでいる為、日本への輸入がおすすめです。海 山、資源は豊富です。人件費の安価な現地で加工 製品化し、日本に持ち込むのがベストです。シーフード、木工 布 籐製品、木製家具、宝石 等々。。
雇用の創出や技術向上に貢献できる 企業 工場の設立など、現地への投資もおすすめです。必要性のある事業は無限にあります。まだまだ産業も未成熟で 白紙の状態、これからという現状ですから、あらゆるものにビジネスチャンスがあると思われます。日本では当たり前のモノを ミャンマーに移設するだけで、その多くはビジネスとして成立します。人件費が安価な為(2千、3千円〜7千、8千円/月) 労働集約的な産業に向いています。
ただ 時機早尚 インフラが未成熟な為、業種によっては 商業的に成り立つラインに到達するまでの時間がかかりすぎる と言うような問題があるやもしれません。

何よりも一度ミャンマーを訪れ 現地を歩き、自分の目で確かめてください。
事業展開の為に必要な人物や物件をご紹介します。旅費等 実費以外は必要ありません。
アジア 東南アジアでの事業展開 投資をお考えの方、一度 ミャンマーをご視察ください。

私達は、政情に左右されない投資方法を ご提案しています。


〔木工製品 布〕
wooden_box_a wooden_box_b wooden_box_c
写真は、小物 煙草ケース。後ろは木製名詞入れ。


〔製氷工場〕
電気事情が悪く、冷蔵庫 冷凍庫がありません。冷却は専ら『氷』です。気温の高い国でもあり氷は常に不足しています。
最も安全で早期回収が可能な投資です。


〔ミネラルウォーター〕
mineral_water01 mineral_water02
水質検査を受け 飲料用として認可を受けた源泉を所有し、ミャンマー国内での販売を計画しています。
ミャンマーでは 日本のように水道水が飲めるわけではなく、飲料用水の需要はとても高いのです。
ボトリング工場を建設 合弁してくれる企業 投資家を探しています。


〔縫製工場〕
sewing_mill01 sewing_mill08 sewing_mill02 sewing_mill03 sewing_mill04 sewing_mill05 sewing_mill07 sewing_mill06
日本人は縫製の良し悪しには非常に厳しい国民ですが、適切な指導をしていただければ問題はありません。
現在 縫製は中国が中心のようですが、オリンピックの開催を控え 人権費の高騰が予測されます。 『メイド イン チャイナ』の 衣料の一部は、中国で生地を調達し ミャンマーで縫製されています。 なんせ人件費は中国の1/10。勤勉で器用な国民性。シフト先としてはベストでしょう。 既に日本のメーカーも進出しています(2003,06現在 一社)


日本ではあまり知られていませんが、ミャンマーには美しいビーチや素晴らしい遺跡もあります。ビジネスが片付けば息抜きにもいいですよ。

現地(ミャンマー)の旅行会社と提携をしています。視察したい内容に合わせたツアーを組んでくれます。お気軽にお問い合わせください。



連 絡 先
  *店 舗 名   Myanmar Japan Friendship Net
  *代 表 者   舩 木 克 祐
  *所 在 地   〒591-8032 大阪府 堺市 百舌鳥梅町 1−24−12
  *電話番号  072−250−5389
  *FAX 番号  072−250−5389
  *メールアドレス   investment_net@axel.ocn.ne.jp
post




St.Mary'sCathedral ギャラリー   kuma_mミャンマーの宝石   to menu メニューへ




【ホームページ作成講座】 | 本・漫画・DVD・アニメ・家電・ゲーム | Webコンサルティングサービス
業界NO1のライブチャット | 自宅でで学べる!CAD資格合格講座 | 20GB 無料のオンラインストレージ
★薬草の資格が取れる! ⇒ 【薬草ガーデン講座】 | 最新ニュース | Web検索 | ドメイン | 無料HPスペース